UIScrollViewの使い方 (スクロール編2)

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - UIScrollViewの使い方 (スクロール編2)

さて、前回
UIScrollViewの使い方(スクロール編1)
のコードの内容を見ていきましょう。

メインのプログラムはviewDidLoadの中身になります。

imageView = [[UIImageView alloc] initWithImage:[UIImage imageNamed:@"test.jpg"]];

imageNamed関数を使って、画像を読み込みUIImageファイルを生成しています。
そして、生成したUIImageファイルを画像としてもつUIImageVIewを作成しています。
ここまではこんな感じ。

UIScrollView5

[scrollView addSubview:imageView];
[imageView release];

つぎに上の2行で、scrollViewに今作ったimageViewを追加しています。
ViewにaddSubviewでボタンやimageViewを追加するのは常套手段なので
覚えておいて損はないかと思います。

ここまでで、こんな感じ。

UIScrollView6_

見るからにUIScrollViewのサイズがUIImageVIewと異なっており、
画面と同サイズなので、スクロールするマージンがなくなってしまっています。

そこで、スクロールを行えるようにするため、

scrollView.contentSize = imageView.frame.size;

でscrollViewのサイズをimageVIewのサイズと同じにしています。

次はいよいよピンチイン・ピンチアウトで
画像の拡大縮小が出来るようにコードを追加していきましょう。

UIScrollViewの使い方(拡大縮小編)

3 Responses to “UIScrollViewの使い方 (スクロール編2)”

  1. [...] コンテンツへ移動 ホーム紹介 ← UIScrollViewの使い方 (スクロール編2) UIScrollViewの使い方(座標表示編) [...]

  2. [...] iPhoneアプリと、そのプログラム iPhoneアプリを作る際に役立つプログラムを置いています コンテンツへ移動 ホーム紹介 UIScrollViewの使い方 (スクロール編2) → [...]

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.