iTime goes by

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - iTime goes by

本日、iPhoneアプリ「iTime goes by」をリリースしました。「iTime goes by」は、撮影した画像に対して回転や上下左右、拡大縮小などのアクションをつけることができるため、写真の中の人やものを動かすことが出来ます!写真撮影で止まってしまった時間を、このアプリでもう一度動かしてみませんか?
 
 
下の写真は、このアプリケーションを使って作成した作品です。「iTime goes by」では様々なアクションを付加できるのであなたの想像力次第でとっても楽しい作品ができるかもしれません!!
 
「どうやって撮ろうかなぁ・・・」

 
「流れる雲のようにどこまでも〜」

 
「素敵に海岸線をドライブ」

 
「まじ、ねっむ〜」

 
 
 
[使い方]
次にこのアプリの使い方を紹介します(といってもそれほど難しくありませんが・・・)まずは左下のカメラのアイコンをタップして、写真を撮影するか、ライブラリから写真を読み込んでください。

 
  
写真がロードされたら動かしたい部分を指でなぞります。失敗した時は画面右上にあるアンドゥボタンで作業を取り消すことも出来ます。

 
 
動作方法や移動速度、移動の幅などを変えたい場合には、うごいている「もの」をタップして下さい。各種動作を変更できるエディット画面が出現するので、気に入った動き方をするまで色々と試してみてください!

 
 
 
[iTunes Storeでみてみる]
もし、気になられた方は、下のアイコンをクリックしてiTunes Storeで見てみてください!よろしくお願いします!
 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.